HOME > G-ECS PILEについて > 施工手順

施工手順

1 杭打機・杭材の搬入

コンパクトな専用施工機のため、機材の搬入は迅速かつ容易。鋼管杭の特徴を生かし、搬入条件に合わせて杭長の組み合わせを選択できます。

2 杭の建て込み・杭芯固定
杭の建て込み・杭芯固定

杭を建て込みます。他工法に比べて杭重量が軽く、転倒の危険もありません。定規で確認しながら、杭芯からのズレを最小限に抑えて施工します。

3 回転埋設
回転埋設

垂直性を適宜確認しながら回転埋設していきます。ズレが生じた場合は逆回転させて引抜き、施工し直します。発生残土がなくエコロジーです。

4 杭の接続
杭の接続

上杭の垂直性を確認し、全周溶接をします。当社が独自開発した現場自動溶接ロボット工法「ECS-AW」、無溶接継手工法「ECS-PJ」も使用できます。

5 施工完了
施工完了

杭の接続以後、順次回転埋設していきます。認定基準により、支持層の確認、根入れを行い、施工完了です。

施工機械例

専用の小型施工機を用いるため、住宅街などの狭小地、建物内などの高さ制限のある現場にも対応します。

施工機械例01 施工機械例02
施工機械例03

機械一覧表

機械一覧表

※ 型式により数値が異なる場合があります。
※1 ()内は搬出入走行時の数値です。
※2 標準リーダー長の数値です。
※3 ()内は2速運転時の数値です。

TOP