現場自動溶接ロボット

ECS-AW

特許取得 第5616159号

施工新時代の幕開け!
ロボットと人間の共同作業でハイクオリティな溶接を実現

DETAIL

 溶接工の技術や気象条件など、屋外で行う溶接作業は、常にクオリティ維持の問題に直面します。 三誠は、「誰でもどこでも高品質に」をコンセプトに掲げ、スイッチ1つで自動で高精度の溶接をしてくれるロボットを開発しました。 ロボットの精密な精度と職人の感性が相互に助け合うことで、格段に溶接精度が安定化・改善され、建物の高品質化に貢献しています。 三誠では、ロボティクスが今後施工現場で今以上に重要なポジションを担うことを鑑み、積極的に開発を進めています。

 上下の杭を接続し、溶接箇所に合わせてレールパーツと本体を装着し、リモコンのスイッチで溶接がスタートします。溶接工は、ロボットが行う溶接のモニタリングを行うだけです。

HOW TO USE

DETAIL

 溶接工の技術や気象条件など、屋外で行う溶接作業は、常にクオリティ維持の問題に直面します。 三誠は、「誰でもどこでも高品質に」をコンセプトに掲げ、スイッチ1つで自動で高精度の溶接をしてくれるロボットを開発しました。 ロボットの精密な精度と職人の感性が相互に助け合うことで、格段に溶接精度が安定化・改善され、建物の高品質化に貢献しています。 三誠では、ロボティクスが今後施工現場で今以上に重要なポジションを担うことを鑑み、積極的に開発を進めています。

HOW TO USE

 上下の杭を接続し、溶接箇所に合わせてレールパーツと本体を装着し、リモコンのスイッチで溶接がスタートします。溶接工は、ロボットが行う溶接のモニタリングを行うだけです。


Flow





Specs & Download

本体仕様

本体外形寸法:幅388mm 奥行き120mm 高さ236mm

レール寸法:幅120mm 厚さ20mm、Ø216.3、Ø267.4

本体重量:約9.5kg

溶接方法

セルフシールドアーク溶接

適用口径

φ165.2 φ190.7 φ216.3 φ267.4 φ318.5 φ355.6 φ406.4


OTHER TECHNOLOGY

鋼管杭

G-ECS PILE

NEW DEBUT!

鋼管杭

N-ECS PILE

杭柱一体工法

ECS-TP

現場自動溶接ロボット

ECS-AW

無溶接継手

ECS-PJ

NEW DEBUT!

無溶接継手

ECS-MJ

耐震補強

SMART BRACE

次世代型空気免震

AIR断震